コンサルティング

現在、企業活動においてITは欠かせない道具になっています。しかし、自社だけでIT環境を導入し、その環境を維持していくことは、多くの投資と大きなリスクを要するのではないでしょうか。また、すべてを、IT化すればよいというわけではありません。御社にあったIT化を様々な角度から検証し、コンサルティングをしていきます。

当社は、 御社の立場に立ち、IT導入のご相談、IT関連情報の管理、パソコンの定期メンテナンスによるトラブル防止、トラブル対応、ホームページ運営、社内IT教育等のサポート業務を各企業毎に必要な組み合わせパックにして毎月定期的にご提供致します。

どんな小さなことでもご相談ください!

今やインターネットを含むIT環境は、マルチベンダー(複数メーカーの機器類が組み合わさった環境)で構成され、トラブル時の切り分け、業務への影響を最小限に済ませる対策等の判断には専門的なスキルが必要です。大企業は自社内に担当部門や専任担当者を配置、または、大手サポートプロバイダーのサービスを受けていますが、中小企業やSOHO事業者では、なかなかそうもいきません。
たった1枚のメモリーの追加、どこに相談して良いか分からないウィルスへの対処、そういった小さなニーズに私共はお応えしていきます。御社オフィスのIT担当者、保守担当者とお考え下さい。どんな小さな不安もご相談ください。

安定的な動作の為には、定期的なメンテナンスが必要です!
パソコンはトラブルの前兆として、メッセージを出します。「この頃、エラーメッセージが頻繁に・・・」「起動画面で止まってしまう事がある」「インターネットしていると、急にブラウザーが反応しなくなる」など・・・。でも大抵の場合、「今は使えるから・・・」とそのままです。放置すると、最悪の場合、苦心のデータが開けない!なんて事に。未然に防ぐ為に、メンテナンスが欠かせないのは言うまでもありません 。

OSのアップデートは絶対に必要!
毎月のように見つかるWindowsのセキュリティホール。最近、OS(Windows)のセキュリティホールを悪用した不正アクセスで大きな被害が出ています。これに対処を施すのがOSアップデートです。未対処の状態で放置しておくと、知らない間に自分のパソコンが攻撃の的にされたり、ウィルスが侵入したりと、大変な事になります。事実、PCトラブルの問い合わせで、最も多いのが、OSアップデートをしなかった事による、ウィルス被害です。定期点検では、OSのアップデートを行い、セキュリティーホールを悪用した不正アクセスを未然に防止します。

トラブル予防による経費削減
パソコンの性能が向上するに伴い、あらゆる業務がパソコンを使って行なえるようになって来ました。取引先との電子メール・データの連携、各種業務ソフトの追加導入など、次々と使用環境が複雑になります。そのような環境で、メンテナンスもせずにトラブルが起きた場合は症状も重く、業務への影響も大きくなります。スポット的な復旧作業依頼では、復旧時間が大幅にかかるだけでなく、その分費用も高価になりがちです。
しかし、定期メンテナンス契約で日頃からパソコンにメンテナンスを施し早期発見早期対処によりトラブルを最小限に抑えることができます。